脳科学で見る、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係

デジタル広告は、外部データ(サードパーティデータ)を利用し、消費者の属性・位置・購買履歴や検索・閲覧履歴などの情報を活用することで、その効果を上げてきました。

しかし今、このサードパーティデータの活用が難しくなりつつあります。GDPRやCCPAの施行、更に改正個人情報保護法の成立により、企業がサードパーティクッキーを使い、消費者の個人情報を収集・使用することは、極めて難しくなりました。

こうした時代の中、「適切な広告を、適切な人に、適切なタイミングで届ける」ためにはどういった方法を使えばよいのでしょうか。答えは、コンテキスト(文脈)の活用にあります。

本レポートでは、脳科学とAIで消費者の心理や行動の分析を行う『SPARK Neuro(スパークニューロ)』 と協力し、消費者文脈が広告への情緒的反応や行動に与える影響を探りました。

Thank you!

Click here to download: Cognitextual: A Neuroanalytic Study of Contextual Ad Effectiveness >>

You might also like this content:

What's inside